総合スポーツクラブメガロス OfficialBlog-カラダに効くトピックス-

ヨーグルトを温める?!「ホットヨーグルト」でキレイに痩せよう

整腸効果が高いことで知られるヨーグルトですが、冷やして食べる方法だけではないのはご存知でしょうか?実は、温めて食べる「ホットヨーグルト」が巷で話題となっています。ここでは、そんなホットヨーグルトを使ったダイエット法について紹介します。

17

整腸効果が高いことで知られるヨーグルトですが、冷やして食べる方法だけではないのはご存知でしょうか?実は、温めて食べる「ホットヨーグルト」が巷で話題となっています。ヨーグルト自体、血液の元になる鉄分や、骨の成長を助けるカルシウムの消化・吸収を助ける働きがあるのですが、温めることで、さらにその効果も期待できるのだとか。ここでは、そんなホットヨーグルトを使ったダイエット法について紹介します。

ホットヨーグルトの作り方

ホットヨーグルトの作り方は非常に簡単です。 まず、器にヨーグルト、はちみつ、すりおろし生姜、水を少々入れて、500Wのレンジで約1分温めます。温度は人肌程度を心がけましょう。 レンジで温め終えたら、なめらかな状態になるまで混ぜます。生姜が苦手という方は、生姜の代わりに、きなこや黒ゴマを投入するのもアリです。 物足りなさを感じる場合には、レンジで温める前のヨーグルトの中に、適当なサイズに切ったバナナやリンゴを投入しましょう。

ホットヨーグルトはどのタイミングで食べればいい?

ホットヨーグルトは食べるタイミングも重要です。 最も推奨されているのは夕食前のホットヨーグルトです。 夕食前にホットヨーグルトで体を温めることで、脂肪燃焼効果がアップし、痩せやすくなります。 ただし、あまりにもお腹が空いている時にはあまり効果が得られない可能性が高いです。胃酸によって乳酸菌が死滅してしまうからです。 もし便秘に悩んでいるのであれば、食前よりも食後に召し上がることをおすすめします。 その場合、食事を終えたらすぐのタイミングで召し上がることが大切です。

本当にレンジで温めても大丈夫?

レンジで温めたからと言って、美肌効果がすっ飛ぶというわけではありません。 人肌程度の温度になるよう心がけていれば大丈夫です。 むしろ、冷たいヨーグルトのほうが、乳酸菌にとって働きづらい環境を生み出しているのです。 ホットヨーグルトで腸が温められると、乳酸菌の働きが活発になり、老廃物や悪玉菌などが排出され、シミや吹き出物のない美肌が手に入ります。

キレイにやせたい方は、ぜひ「ホットヨーグルト」を試してみてはいかがですか?

スポーツクラブメガロスでは、運動が苦手なひとでも楽しく取り入れられるプログラムを用意しています。健康が気になる、体重を落としたい、という人はぜひお越しくださいね。

<関連するプログラム>

GRID(グリッド)
 
GRIDを使用して、硬化や癒着している筋膜に直接アプローチするプログラム。

お近くの
フィットネスを探す