LET’S SHARE!

まだ手遅れじゃない!日焼けした肌のケアの仕方って?

まだまだ紫外線やUVからのダメージが気になる今の時期、気温が下がりお出かけする機会も増えてきましたが正しい紫外線対策をしていますか?毎日の日焼け対策と、日焼けしてしまった肌対策をして美肌を守り、トラブルを予防しましょう。

毎日の日焼けケアは?

朝出かける前に日焼け止めを塗ったから安心…と油断してはいけません。汗をかいたり、タオルで拭いたり、さらには水に濡れた後は効果が弱まっているので、塗り直しましょう。目安としては、2~3時間に1回ほどです。
特に首の後ろや耳、髪の毛の生え際、足の甲や手、ひざの裏側など塗り忘れが多いので忘れないようにしましょう。
また、日焼け止めは必ず1日の終わりに落とすことを忘れないようにしてください。落ちにくい日焼け止めは、クレンジングなどを使うとキレイに落とすことができます。

もし日焼けしてしまったら…

その1 まずは冷やす

日焼け止めをしていても、うっかり焼いてしまってもまだ大丈夫!日焼け後のケアを怠らなければ、肌トラブルを予防することが可能です。
日焼けをした後は、なるべく早く「冷やす」ということが大切です。
実は「日焼け」という状態は、火傷している状態とほとんど同じです。肌の中に熱がこもっているので、まずはその熱を和らげる必要があります。濡れたタオルで冷やしたり、冷水で冷やすのもいいのですが、肌をこすったり刺激を与えないことが大切です。

その2 保湿を行う

日焼けした後の肌は水分が蒸発しているので、しっかりと保湿を行うことも大切です。保湿をしないと、小じわの原因にも繋がります。
出来ればいつもより刺激の少ない化粧水を使い、量も通常より3倍ほどの量を全身に使用するようにしてください。この時、肌をこすり過ぎないことがポイントです。また、顔はパックをするのもおススメです。
化粧水をたっぷり付けたら、乳液を使って水分が蒸発しないようにフタをします。

その3 水分・栄養を補給!

日焼け後は外からのケアだけでなく、内側からのケアも大切です。常温の水またはスポーツドリンクを時間をかけてゆっくりと飲み、内側からも水分補給を行うことで、肌にも水分が行き渡ります。また、メラニンの生成を抑えるビタミンCや亜鉛などの栄養素を意識して摂取することも大切です。
さらに肌のターンオーバーを整えるためにも、夜更かしはせずに睡眠をしっかりと確保するようにしましょう。

紫外線やUVからのダメージは放っておくとシミやシワの原因になるので、美白をキープするためにも毎日の日焼けケアと、日焼けをしてしまってからのケアを怠らないようにしましょう。
また、日焼けをしないのは外に長時間出ないことも大切です。スポーツメガロスでは室内で運動できる施設やプログラムが揃っているので、気になる方はぜひスタッフまでお問い合わせください。

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。