LET’S SHARE!

ピリピリ!カサカサ!秋のゆらぎ肌に要注意!

秋のような季節の変わり目にはゆらぎ肌になりやすいため、いつもよりしっかりとお肌のケアをしなければなりません。
とは言うものの、そもそも「ゆらぎ肌」とは何なのでしょうか?

「ゆらぎ肌」って何?

ゆらぎ肌とは、外部の環境の変化や、ストレスにより肌が乾燥したり、急にニキビができたり、肌が敏感になってしまう状態のことです。
ゆらぎ肌になる原因は空気の乾燥や昼夜の寒暖差などで、特に季節の変わり目はゆらぎ肌になりやすい気候です。
症状としては敏感肌に似ていますが、ゆらぎ肌はあくまでストレスや環境の変化による一時的なトラブルであることが特徴です。

ゆらぎ肌の症状

ゆらぎ肌の症状としては、「肌がむずむずする、またはピリピリする」「いつもの化粧品がしみる」「乾燥がひどい、あるいは肌がべたつく」「化粧のりが悪い」「疲れているわけでもないのに肌がくすんでいる」「原因が分からない赤みがある」などが挙げられます。
毎年季節の変わり目になると肌がカサカサしたり、肌荒れになってしまうといった症状がある方はゆらぎ肌になっている可能性が高いです。
ゆらぎ肌になってしまう原因は空気の乾燥や寒暖差が主な理由ですが、他にもいくつか原因があります。

ゆらぎ肌の原因

ゆらぎ肌になる主な原因は、冬が近づく事で起こる空気の乾燥や、昼夜の寒暖差です。夏は空気中の湿度が70%以上ありますが、冬になると30%以下まで下がるため、肌はかなり乾燥しやすくなります。また、肌が乾燥すると外的刺激を受けやすくなり、うるおいを肌に保ちにくくなります。
昼夜の寒暖差では、肌が寒さにさらされることによって角層の細胞同士の繋がりが弱くなり、潤いが蒸散しやすくなってしまいます。
結果、肌荒れや乾燥に繋がってしまうのです。
他にはニットを着始めることで、毛糸のチクチクとした刺激が肌の負担になることもあります。

ゆらぎ肌の改善策

ゆらぎ肌はスキンケアをしてあげることで改善する事ができます。
カサつく場合はヒアルロン酸やアミノ酸などの成分をしっかりと補って保湿し、かゆみがある場合は毛先が肌に当たらないようにまとめるなど意識しましょう。また、ヒリヒリする場合は肌の炎症が進んでいる状態です。水分の多いジェルなどのコスメを避けて、刺激の少ないオイルやバームなどを使うようにしましょう。
セルフケアでは改善が見られない場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

ゆらぎ肌は寒くなるにつれて起こる運動不足も原因の一つです。外に出て運動するのも寒いから嫌、という方には、暖かな室内でのトレーニングがおすすめです。
スポーツメガロスでは、運動不足を解消する基本的なプログラムから女性が美しくなるためのプログラムまで、様々なプログラムを用意しております。気になる方はぜひお問合せください。

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。