LET’S SHARE!

美容に嬉しい効果が沢山!スーパーフード「アーティチョーク」

最近ちらほらと耳にするようになった「アーティチョーク」は、花のような見た目をした野菜です。どこを食べるのか?味は?など、不思議な植物ですが、実は美容や健康に効果があるスーパーフードなんです。

話題のスーパーフード!アーティチョークってなに?

アーティチョークはキク科チョウセンアザミ属の多年草で、日本ではチョウセンアザミとも呼ばれます。ヨーロッパやアメリカで多く食べられており、地中海沿岸が原産です。
味はそら豆と栗を合わせたような味で、芋のようにホクホクした食感が特徴です。少しえぐみがあるため、百合根にも似ていますが、古くは江戸時代に日本に入ってきましたが、食べられる部分が少ないことと、変わった見た目もあり、あまり定着しませんでした。
しかし近年、アーティチョークには豊富な栄養素が含まれているため、注目を集めています。

アーティチョークに含まれる栄養素がすごい!

アーティチョークには豊富な栄養素が含まれています。

(1)アントシアニンやケルセチン、ルチンなどの抗酸化物質
(2)肝臓、胆嚢などの再生をサポートするシナリン
(3)認知疾患の予防効果があるビタミンK
(4)炭水化物をエネルギーに変換するミネラル類
など、様々な栄養素を含んでいるため、健康のサポートにぴったりな野菜です。

また、血圧を下げるカリウムを含んでおり、血圧が気になる人にもおすすめです。

アーティチョークの美容効果

健康効果も十分なアーティチョークですが、美容効果もあります。
アーティチョークには水溶性食物繊維が豊富に含まれており、腸の働きを促進して便秘を改善させる効果が期待できます。腸内の有害物質をデトックスすることで代謝アップ、ダイエットのサポートにも繋がります。
また、アーティチョークに含まれる「シナロピクリン」には毛穴の黒ずみやたるみをケアする効果や、メラニン色素の働きを抑制する効果もあるため、美白を意識している方にもおすすめの野菜です。
一日に必要なビタミンの4分の1が含まれています。ビタミンCにはコラーゲンの合成を促す作用もあるため、美白だけでなく美肌の効果も期待できます。

アーティチョークってどうやって食べるの?

不思議な見た目をしているアーティチョークですが、食べられる部分はおよそ1割程度です。
アーティチョークはがく(花びらのような緑の部分)の根本と、蕾の芯を食べます。質の良いものであれば、茎の中も食べられます。特にがくを全て取った後の芯の下部は「アーティチョーク・ハート」と呼ばれ、アーティチョークの特に美味しい部分です。
全体の体積に比べると食べられる部分はとても少ないですが、その分栄養素が豊富に含まれているので、スーパーなどで見かけたら手にとってみてはいかがでしょうか。
また、最近ではサプリメントとしても販売されているので、そちらを使用するのも便利ですよ。

アーティチョークにはサプリメントや葉エキスもあるため、そのままのアーティチョークを買うのは大変そう、という方にはおすすめです。
健康にも美容にも良いので、食事に取り入れてみてはどうでしょうか。
スポーツメガロスでは、健康維持に役立つプログラムや、ダイエットプログラムを多く取り揃えております。気になる方はぜひスタッフまでお問い合わせください。

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。