LET’S SHARE!

紅茶でインフルエンザ予防が出来るって本当?

インフルエンザの本格的な流行シーズンに突入しています。手洗いやうがい、部屋の加湿などインフルエンザ対策が欠かせない毎日ですが、その中で紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールがインフルエンザの予防に効果があると期待されています。

紅茶に含まれる「紅茶ポリフェノール」とは

緑茶を発酵して紅茶を製造する過程で、緑茶に含まれるカテキン成分は紅茶の赤い色素を作り出す成分「テアフラビン」に変化します。
この「テアフラビン」や紅茶の渋み成分「カテキン類(タンニン)」などは「紅茶ポリフェノール」と総称されています。ポリフェノールには体内の活性酸素のバランスを整える効果がありアンチエイジングにも効果的ですが、中でも「テアフラビン」にはインフルエンザウィルスの感染力を奪う効果があるとされているのです。

紅茶うがいで周囲への二次感染を予防

紅茶でインフルエンザを治療することはできませんが、ウィルスに感染してしまった細胞の増殖を抑える働きがあるとされます。インフルエンザに感染してしまった後も、こまめに紅茶うがいをしてお口の中のウィルスをできる限り減らすことで、周囲への飛沫感染を予防することができます。
また紅茶ポリフェノールはA型、B型などウィルスの種類に関係なく有効に作用し、即効性があると言われています。インフルエンザ流行中は「紅茶うがい」を行い、二次感染も意識して予防していきましょう。

紅茶によるお口のケアがインフルエンザ予防にも

帰宅後の手洗いや外出中のマスクでインフルエンザ予防をする人が多いかと思いますが、同時に口の中に侵入してきたウイルスを増殖させないことは重要です。口の中にある歯周病の原因となる酵素はインフルエンザの感染を助ける働きがあることが分かっていて、歯周病予防を意識することはインフルエンザ対策にも効果的です。
紅茶ポリフェノールは歯周病原菌の生育を抑制するという研究報告があります。毎日の歯周病予防、歯磨き、舌表面を清潔に保つ舌ブラシに紅茶をプラスしてみませんか?

インフルエンザ対策に効果的な紅茶の飲み方

帰宅後の手洗いや外出中のマスクでインフルエンザ予防をする人が多いかと思いますが、同時に口の中に侵入してきたウイルスを増殖させないことは重要です。口の中にある歯周病の原因となる酵素はインフルエンザの感染を助ける働きがあることが分かっていて、歯周病予防を意識することはインフルエンザ対策にも効果的です。
紅茶ポリフェノールは歯周病原菌の生育を抑制するという研究報告があります。毎日の歯周病予防、歯磨き、舌表面を清潔に保つ舌ブラシに紅茶をプラスしてみませんか?

糖質制限中におすすめの食べ物

茶葉の種類、リーフorティーバッグ、ホットorアイス、ストレートorシュガー、カフェインレス、濃いめor薄め、どのような形でもOKですが注意点が2つあります。

①ミルクティーは牛乳のたんぱく質と結びついてテアフラビンの作用が弱まります。ストレートまたはレモンティーで。

②手軽に飲めるペットボトルティーは製造の工程で成分が破壊されたり、テアフラビンの含有量が減っていることも考えられます。リーフやティーバッグでいれた紅茶を飲みましょう。


この2点に気を付けてインフルエンザの予防に紅茶を取り入れてみましょう。

寒い季節に温かい紅茶でほっと一息、紅茶でのリラックスタイムがインフルエンザ対策に繋がります。おいしく紅茶を飲んだ後、普段は始末する茶殻やティーバッグを使ってもう一度紅茶を淹れて「紅茶うがい」もおすすめです。
また、適度な運動を日頃から行うことで体の免疫力をアップさせることが可能です。スポーツクラブメガロスでは健康維持に役立つプログラムを取り揃えております。興味がある方はスタッフまでお問い合わせください。

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。