LET’S SHARE!

夏バテに打ち勝つ!夏に耐える体を作ろう

毎年夏バテになってしまう、という方は多いのではないでしょうか? 暑さによる食欲不振、疲れなどで体調が優れない…。今年こそは夏バテを回避するために、今から夏バテに備えましょう!

夏バテとは?具体的な症状って?

夏バテとは、「夏に体がバテること」の略称で、夏の暑さが原因で引き起こされる体調不良全般を指します。具体的な症状としては以下が挙げられます。

□全身に倦怠感がある(だるさがある)
□やる気が出ない
□食欲がない
□イライラする
□立ちくらみや目眩がある
□便秘または下痢などの症状がある

夏頃に上記に当てはまる症状のある方は、知らずのうちに夏バテになっている可能性があります。
また、夏バテによって免疫力が下がると夏風邪になることもありますので、たかが夏バテと侮らずにしっかりと対策を取っていきましょう。

夏バテの原因

夏バテになる原因は主に3つです。

1.自律神経

外と室内の急激な温度差は体力を消耗してしまいます。また、冷えすぎた部屋に長時間いるストレスは自律神経の働きを妨げ、自律神経の不調は倦怠感や食欲不振を引き起こし、結果的に夏バテになってしまうのです。


2.発汗の異常

暑すぎる環境に居続けると汗腺が詰まり、汗をかけなくなることで体温調節が上手くできないことがあります。また、直射日光の下にいると大量の汗をかき、脱水状態になってしまい、夏バテを引き起こします。


3.睡眠不足

熱帯夜が続くと寝苦しく、眠りが浅くなってしまいます。睡眠不足により疲れが回復せず、夏バテになってしまいます。

夏バテに打ち勝つ!(1)体力づくり

夏バテは「体力のなさ」も原因となってきます。日頃から体力がないと感じている方は、夏バテ予防のために運動を始めましょう。おすすめは手軽にできる有酸素運動です。

・ジョギング

通勤時間に自転車で走っていた距離をジョギングにするだけで運動量がアップします。ただ、猛ダッシュする必要はありません。会話できるくらいの負荷で、少し汗ばむ程度がおすすめです。ジョギングがつらい場合はウォーキングでもOKです。


・昇降運動

段差を上り下りする動作のこと。いつものエスカレーターから階段にするだけで、運動量アップに繋がります。一日少しの運動でも、毎日行えば確実に体力作りを助けてくれますよ。

夏バテに打ち勝つ!(2)食生活を見直そう

暑い時期は冷たい飲み物や、さっぱりした食べ物を好みがちです。しかし、そういった食事は胃腸に負担をかけてしまいますし、胃腸の不調の原因となります。また、さっぱりした食べ物ばかりを食べると栄養も偏りがちです。栄養バランスを考え、肉や野菜もバランスよく摂るようにしましょう。
おすすめは納豆。旬のオクラと混ぜたり、そうめんにトッピングしたりと食べやすいだけでなく、疲労回復効果のあるアスパラギン酸やビタミン、ミネラルを豊富に含むため、夏バテに効果的です。納豆はその豊富な栄養素から日本のスーパーフードとも呼ばれているんですよ。
ぜひ食事に取り入れてみてくださいね。

夏バテは今のうちから体力を付けておくことで予防でき、症状を軽減することができます。脱水に気をつけて、きちんと水分補給をしながら体作りをしましょう!
スポーツメガロスでは体力アップの基礎トレーニングから、最新のトレーニングまで、様々なメニューをご用意しております。気になる方はお気軽にスタッフまでお尋ねください。

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。