総合スポーツクラブメガロス OfficialBlog-カラダに効くトピックス-

その効果は幅広い!白湯を利用して内側からキレイになる方法

酵素やビタミンなどの成分を含む飲料ではないにも関わらず、なぜごく普通の「ぬるま湯」が美肌や冷え性の改善に役立つのか、不思議に思っている人も多いかもしれません。白湯に秘められたパワーを知り、体質改善のために日々の生活に取り入れてみませんか?

その効果は幅広い!白湯を利用して内側からキレイになる方法

「白湯(さゆ)」が美容やダイエット、体質改善に良いといわれいるのをご存じでしょうか?この「白湯」は、お手軽なのに冷え性対策や便秘解消など、嬉しい効果がたくさんあるのです。今回はその効果や簡単にできる白湯の飲み方やについてご紹介します!

白湯の美肌効果のしくみ

白湯とは、水をいったん沸騰させて飲みやすい温度に冷ましたものです。 白湯を飲むことで身体が内側から温まり、体温の上昇で免疫力が高まります。それでシミやシワなどの肌トラブルの予防にも繋がって美肌効果が期待できるのです。そして、胃腸など消化器官が温まって内臓の働きが活発化し、老廃物の排出が促されて便秘解消にも美肌にもつながります。さらに利尿作用と発汗作用により余分な水分の排出も進み、顔や手足のむくみ解消にも効果がおよびます。

体質改善がダイエットや冷え性を助ける

体温が上がると、基礎代謝も上がります。基礎代謝とは日常生活で自然と消費されるエネルギー、基礎代謝の高い人は痩せやすい体質といえます。 また、冷え性に対しても、普段の飲み物を白湯に置き換えるだけで改善を実感しやすいそうです。緑茶やコーヒーなどカフェインを含む飲料には交感神経を刺激する作用があるため、血管の収縮を招いて冷え性の原因になるケースがあり、普段そういった飲み物を好む方は特に白湯での改善効果を実感しやすいかもしれません。

作り方や飲み方はどうすれば?

白湯の作り方は、お湯を沸かして適温(約50℃)まで冷ますだけ、とても簡単です。 水道水を使った場合には、水が沸騰してから20分以上加熱し続けてカルキ(塩素)や微量に含まれることもある発がん物質の除去を狙いましょう。 量の目安はコップ一杯の白湯を1日3~4杯ほど、タイミングとしては朝の起き抜けや朝食の前、お風呂を出た後、夜寝る前などが効果的だそうです。

飲み過ぎは逆効果

こんなにさまざまな効果をもたらす白湯も、飲み過ぎは禁物。水の過剰摂取により、かえって体内に余分な水分を溜め込んでむくみが出たり、栄養素が流されて吸収が悪くなったり、トイレが近くなって落ち着いた生活が妨げられたりもします。目安となる適度な摂取量は1日800mlほどだそうで、1回に200mlとすれば1日4回くらいとしましょう。

白湯を飲んで体を温め、内臓が元気になって体内が浄化されれば、今より快活に身体が動くようになりそうですね。そうしてストレッチや軽い運動などを組み合わせれば、デトックス効果はさらに促進され、ダイエットや美容へと良いことづくし。

スポーツクラブメガロスでは、目的に応じた組み合わせとして効果的なプログラムなどを提供しております。ご自分の体質が気になる方は、お気軽にご相談ください。

<関連するプログラム>

GRID(グリッド)
GRIDを使用して、硬化や癒着している筋膜に直接アプローチするプログラム。
ボディメイクステップ
脂肪燃焼と筋力トレーニングを効果的に行います。

お近くの
フィットネスを探す