総合スポーツクラブメガロス OfficialBlog-カラダに効くトピックス-

知らないと損!その重たい疲労感、解消の近道はこれかも!

ここ数年ずっと体から疲れが抜けない、肩や全身がズシッと重たくてつらいと感じている方、実は体の硬さが原因かもしれません!

知らないと損!その重たい疲労感、解消の近道はこれかも!

「10代の頃は疲れが何日も残ることはなかったのに…」 30代40代と年齢を重ねる毎に、日々の疲労の蓄積を実感していませんか?そんなつらい体の疲れを根本的に改善する方法をご紹介します。

疲れが生まれる原因

お仕事に家事、育児など、毎日疲れはどんどんたまっていきますよね。実はこれは体の中にたまっている「疲労物質」の影響なのです。この疲労物質を素早く分解し排出することが、体の疲れやだるさを改善する秘策になるのです。その疲労物質の代表例が「乳酸」。疲労の仕組みには諸説ありますが、乳酸が作られる過程で筋肉のpHバランスが酸性に傾くことが疲労の原因の一つだと考えられています。

疲労物質の分解を早めるには体を柔らかくしてみましょう

ではどのように疲労物質を分解、解消することができるのでしょうか?そのカギを握っているのは実は「体の柔軟性」。柔軟性とは筋肉や腱などが伸びる力のことを指します。いわゆる体が柔らかいと言われる状態ですと、筋肉の運動範囲が広がり、血行が良くなって疲労物質の分解がスムーズになります。そして血行が促進されると血液の循環が良くなり、疲労物質の分解が進むというわけなのです。

上半身の柔軟性を高めるには「肩甲骨はがし」がオススメ

そんな疲労回復に効果のある体の柔軟性を高めるには、ストレッチが効果的です。まずは上半身でオススメなのが、「肩甲骨はがし」と呼ばれるストレッチです。名前が少し怖いですが、単純に肩甲骨周りのストレッチになります。両手を肩に置き、前後5回ぐらいグルグルと回したり、手を腰に当て肩甲骨を意識し、息を3秒吸いながら肩を上げ、息を3秒吐きながら思いっきり下げると、肩甲骨周りのストレッチが簡単に行えます。柔軟性を高めながら疲労の溜まりにくい体作りができ、更に、肩こりやバストアップなどにも効果があるとも言われています。

体が柔らかくなると、血行が改善され、疲労回復につながるだけではなく、ケガをしにくい体になると言われています。効果的にストレッチを行うためには、入浴後や軽い運動の後など体が適度に温まっている状態で行うこと、伸ばす筋肉や腱を意識しながらストレッチする、そしてなにより毎日少しずつ継続することが重要です。スポーツクラブメガロスでは目的に応じた組み合わせとして効果的なプログラムなどを提供しております。ご自分の体質が気になる方、硬い体をどうにかしたいと感じていらっしゃる方は、是非試してみてくださいね!

<関連するプログラム>

ひめトレエクササイズ
ストレッチポールひめトレ(R)を使用して、骨盤庭筋群にアプローチするプログラム。
やすらぎヨーガ
短時間でヨーガに触れ心身を癒します。
GRID(グリッド)
脂肪燃焼と筋力トレーニングを効果的に行います。
やさしいバレエ
シンプルな動きを楽しみます。

お近くの
フィットネスを探す