LET’S SHARE!

筋トレは休息がポイント!効率的に筋肉量をアップさせる方法とは

160608

水着や露出の多い服を着る機会が増える夏に向けて、ダイエットや筋肉トレーニングに励んでいる方が多いこの季節。
今回は、効率よく筋肉量を増やすための休息について紹介します。

頑張り屋さんほど要注意!毎日の筋トレは逆効果

毎日ジムに通うようなモチベーションの高い方は、早く結果を出すために、自分にストイックな特徴があります。しかし、毎日筋トレをしている方の中には、自分の筋肉量が思うようにアップしなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実は、筋肉量をアップさせるには、毎日の筋トレに加えて、休息が大切になります。

筋肉量がアップするメカニズムは?

運動や筋肉トレーニングをした後に起こる筋肉痛は、筋肉に負荷がかかることにより、筋肉を構成する筋繊維が損傷することで起こります。この筋肉痛が起きた時に、48~72時間の休息を取ると、損傷された筋繊維が修復され筋肉は以前より太くなります。筋肉量がアップする、このメカニズムは「超回復」と呼ばれています。

「超回復」を知らずに筋トレするとどうなるか?

ジムで筋トレする方の中には、「超回復」について知らずに、毎日やみくもにトレーニングを行っている方もいるかもしれません。ハードな筋トレを行うと、筋肉に負荷がかかって水分や疲労物質が溜まるため、筋肉にハリが起こり、一時的に筋肉量がアップしたように見えます。しかし、このような筋トレを長期間毎日行うと、筋肉は十分な休息と修復が行えず、思うように筋肉量をアップさせることができません。(ただしこれは、10回の持ち上げがやっとできるほどの負荷の大きい筋トレに限ったことであり、ダンベルなど軽い負荷の運動では当てはまりません。)

休息を利用して、筋肉量をアップさせる方法

体の筋肉量を効率よく増やすのに大切なのが休息です。筋肉トレーニング後は48~72時間の休息が理想とされているため、筋トレは2~3日おきに行うのがベストだと言われています。毎日ジムへ行って筋トレを行いたい方は、筋トレする部位を日替わりにして、各部位が48~72時間の休息を取れるようにしましょう。この方法は、「分割法」とも呼ばれており、ボディビルダーやアスリートが取り入れている、理論に基づいたトレーニング方法です。

体の筋肉量をアップさせるには、毎日がむしゃらに筋トレするよりも、筋肉のメカニズムを理解して、トレーニング後に休息をきちんと取ることが大切です。スポーツクラブメガロスでは、知識のある専門スタッフが、あなたのなりたい体に合わせた独自の筋肉トレーニングのメニューを組むことが可能です。プログラムも豊富に用意しておりますので、お気軽に相談してください。

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。