LET’S SHARE!

酷い鼻水くしゃみもこれで軽減!?運動と花粉症の関係

毎年酷い花粉症に悩まされ「薬も効かない!」という方に試していただきたいのが適度な運動をする習慣です。実は、運動と花粉症には症状の酷さに関係している事があり、適度な運動をすれば辛い花粉症も軽減できる可能性があります。

花粉症を辛くさせる原因は…?

花粉症は、体内に入った花粉に対し免疫を作るためIgE抗体を分泌しますが、それが一定の量体に蓄積され、異常反応になるとアレルギーが起きて花粉症の症状が出ます。しかし、花粉症でも症状が重い方と、比較的軽い方がいますよね。この違いは、免疫力の乱れが要因の一つだと言われています。
私たちの体は、体に異物が入ると排除するための抗体が作られますが、免疫力のバランスが乱れている状態だと異物が無くなっても抗体を出し続けます。つまり、免疫力が乱れている状態で花粉を体内に入れると、アレルギーの原因の一つであるIgE抗体が必要以上に作られる可能性があるのです。

運動が花粉症を和らげる理由

免疫力の乱れは、主にストレスからの自律神経の乱れ、そして運動不足による体力の低下が原因の一つと言われています。特にストレスは感じるだけで脳から「免疫力を下げるホルモン」が分泌されるだけでなく、自律神経が乱れれば交感神経が優位になり、良質な睡眠が取れず体が休まらないので免疫力の乱れを招きます。
そこで有効なのが運動です。
適度な運動は体力を上げるだけでなく、ストレスを和らげてくれる働きが期待できるので、花粉症も和らぐ可能性があるのです。

特におすすめな運動(1)ウォーキング

免疫力を整える運動として有効と言われているのが「有酸素運動」です。有酸素運動後にはストレスを和らげるセロトニンの量が増加傾向にあります。また、運動によって筋肉量がアップすれば基礎代謝が上がり、体内の水分の排出がスムーズになります。すると花粉症によって起きる鼻水・のぼせ等の症状が軽減される可能性があるのです。
特にウォーキングをおすすめするのは、体力が落ちている方がいきなり激しい運動をすると逆に運動直後は免疫力が下がり、花粉症の症状が悪化する可能性があるからです。
普段から運動習慣がない方は、ウォーキングから始めて体質を改善してきましょう。

特におすすめな運動(2)ヨガ

リラックス効果の高いヨガは、自律神経の乱れを整えるのに効果的だと言われています。リラックスをした状態になると、私たちの体は副交感神経が優位になります。交感神経が優位になっている時は涙や鼻水など粘膜の分泌量が過剰になり、花粉症の症状が辛くなる事があるのです。
しかしヨガによって副交感神経が優位になれば、花粉症の症状が楽になる可能性があるので、強いストレスなどを感じていて、花粉症が辛くなったら試す価値があるかもしれませんね。

花粉症で辛い思いをしている方は、一度自分の生活を振り返ってみて「運動不足」「ストレスをため込んでいる」など心当たりがあれば、ウォーキングやヨガを試すのもいいかもしれません。 しかし、花粉症の方が外に出て運動するのはリスクが高いので、なるべく花粉の量が少ない早朝か室内でできる運動をおすすめします。
スポーツメガロスでは花粉の量が多い時期でも室内でできるプログラムを多く取り揃えております。気になる方はぜひお問合せください。

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。