総合スポーツクラブメガロス OfficialBlog-カラダに効くトピックス-

仕事が出来る人ほど取り入れている!マインドフルネスがすごい!

世界でも大きな功績を残した著名人や一流企業の研修でも積極的に取り入れているという「マインドフルネス」は、心のエクササイズとも呼ばれる瞑想法で、ストレス発散・集中力を高めるなど、心と体を健やかに維持するのに役立ってくれます。

マインドフルネスは心のエクササイズと呼ばれる瞑想方法で、仕事や勉強で役立つ精神統一や集中力、ストレスの緩和に優れていると世界的な著名人や一流企業が取り入れていて、最近注目をされています。

そもそもマインドフルネスって何…?

マインドフルネスとは、自分の精神状態をいつでも「通常の状態に戻すことが出来るようになる」ためのトレーニング方法です。私たちの精神状態は、常に一定ではありません。特にイライラした後のストレス状態にさらされたとき、冷静な判断が出来なくなったり、集中力が悪くなるだけでなく、その後疲労が蓄積されやすくなるなど、デメリットを多く抱えます。
そんな時に、今の精神状態を見つめ直し、心を穏やかにさせるための瞑想方法がマインドフルネスで、今まで世界的な功績を残した著名人をはじめ、一流企業でも取り入れているなど注目を集めています。

マインドフルネスで得られる効果

特にマインドフルネスで注目をされる効果が、ストレスを緩和することによって得られる集中力と記憶力、そして自律神経をコントロールし、乱れを防げるという点です。私たちの体は強いストレス状態に長時間いると自律神経が乱れてしまい、疲れやすくなってしまったり、人によっては簡単なミスを何度も繰り返してしまいます。これでは仕事の効率が悪くなるだけでなく、自分は「仕事ができない人間だ」と追い込み、さらにストレスをため込んでしまいます。しかしマインドフルネスはストレスに負けない精神状態を手に入れることが出来るので、自律神経の乱れを防ぎ、さらには脳の使い方が上手くなるので集中力と記憶力がアップすると言われているのです。

マインドフルネスをする方法

では、マインドフルネスをする方法を紹介します。

(1)姿勢を正して自分の呼吸を意識して、ゆっくり吸って吐く
(2)脳がリラックスしているのを意識しながら、今の自分が置かれている状況を第三者目線で見つめる
(3)瞑想状態を終えたら、スイッチを切り替えて目の前のことに集中をする

これだけで疲れた脳を癒してストレスの緩和をし、瞑想の要領で集中力を高めることもストレスで乱れがちな自律神経をコントロールすることも出来る可能性が高くなります。

マインドフルネスで心の健康を手に入れよう!

人間の体は、心と直結していると言います。いくら体が元気でも精神的な不安やストレスを抱えていては、さまざまな体の不調が引き起こされる可能性があります。しかし心が元気であれば体を健やかに保ち、仕事のパフォーマンス力の向上が期待できます。また、近年社会的な問題になりつつある「うつ病」対策にもマインドフルネスは期待されていて、大手企業の研修でも取り入れているほどです。皆さんもストレスを蓄積して不調を招く前にマインドフルネスで心の健康を手に入れてみてはいかがでしょうか。

マインドフルネスはトレーニング次第では誰でも簡単に行うことができますが、最初はなかなかうまく瞑想状態になりにくい可能性があります。そんな時は、ストレッチなどの軽い運動を組み合わせ体をリラックス状態にすると、マインドフルネスのコツを覚えていくことができます。
また、スポーツメガロスでは新メニューでマインドフルネスのププログラムをご用意しております。気になる方はぜひスタッフまでお問合せください。

<関連するプログラム>

マインドフルネス瞑想
座禅や呼吸法を取り入れ”今”に目を向けるプログラム

お近くの
フィットネスを探す