ヘルシーカンパニーとは?ヘルシーカンパニーのすすめ

トップ >> 法人会員のご案内 >> ヘルシーカンパニーのすすめ

ヘルシーカンパニーのすすめ

「働く人の健康は大切な財産だ」
と考える企業が増えています。

企業の活性化のためには「働く人の健康は財産だ」と考える企業が増えています。運動不足の現代人もまた「健康に働く」ことを考え、スポーツの場を求めています。企業の社会的責任(CSR)として、経営と健康管理を統合的にとらえた「ヘルシーカンパニー」の発想で、企業の健康増進をはじめませんか?

社員の健康づくりの情報発信に取り組んでいる

アンケートグラフ

健康づくりに関する様々な情報発信を6割以上の企業が「取り組んでいる」と答えています。従業員300人以上の企業では7割以上が実施していて、社員の健康に対する気配りが感じられます。

企業の活性化のため「社員の健康」が重視される時代に

20歳以上で運動習慣のある人

運動習慣のある人のグラフ

運動習慣のある人は、男性36.1%、女性28.2%である。ただし、男性の30〜40歳代では2割程度、女性の20歳〜40歳代では2割を下回っている。健康に気をつけなければならない働き盛り世代に限って運動習慣がなく、「健康に働く」ことが難しい状況がわかります。

働く人の7割近くに運動習慣がない

この1年間に運動しなかった理由は「時間がない」から

運動しなかった理由グラフ

運動をしなかった人の半数以上が「仕事(家事・育児)が忙しくて時間がないから」と答えています。仕事(家事・育児)に追われず、時間に余裕さえあれば運動習慣をつけられるということでもあり、余暇の必要性が求められていると言えます。

企業が運動する時間を提供すべきである

企業の社会的責任(CSR)として「社員の健康管理と経営を一体化させる」ヘルシーカンパニーの概念が広がってきました。 メガロスは、こうした従業員の皆様の健康づくりをお手伝いしています。会社の生産性を高めたい企業様ほど、私たちの効果的なノウハウがお役に立てると考えています。

お電話でのお問い合わせ

法人契約をご検討の方
法人のお問い合わせ
契約状況の確認は、御社人事・総務ご担当者様宛て迄ご確認ください
福利厚生代行企業各種サービス内容については、
各福利厚生問い合わせ窓口迄お問い合わせください

Webからの資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページトップへ