野村不動産ライフ&スポーツ株式会社採用情報

野村不動産ライフ&スポーツ

社員紹介

聞き上手であり、話し上手であれ

現在、マシンジムエリアでの運動案内と、ダンス系のスタジオレッスンを担当しています。ゲスト(お客様)との関係作りで大切にしているのは、聞き上手であり、話し上手であること。入社1年目は、身に付けた運動スキルをとにかくゲストに伝えたいという気持ちが強くなるあまり、自分だけが一方的に話していたり、難しい言葉で説明していたりということがありました。そうではなく、ゲストにとって最良のご案内とは何かを常に考えなくてはいけません。ゲストが真に思っていることをどれだけ引き出せるのか、その思いに対して自分に何ができるのかを考え、ゲストが安心できる伝え方・話し方を心掛けています。
また、ゲストが本音や日常生活のことを話したくなるような、活気あふれるスタジオ作りにもフィットネスセクション全体で取り組んでいます。私達が入室するときは必ず、現場を一周しながらゲストの一人ひとりに挨拶をしますし、ゲストの入退室時にはこだまのように絶えない挨拶が響きます。居心地良く過ごしてもらうためにできることを、これからも追求していきたいですね。

先輩社員から感じた熱意、プロ意識に惹かれて

大学まで野球を続けていたこともあり、もともと「スポーツに関わる仕事がしたい」と考えていました。スポーツクラブを志望したのは、大学3年次に怪我をしたことがきっかけです。別メニューでの練習についてくれたトレーナーの存在がとても頼りになったこと、ピッチャー陣のコーチとして指導することで、人に教える難しさややりがいを感じられたことが決め手でした。スポーツクラブ各社の説明会に参加しましたが、中でも野村不動産ライフ&スポーツは光っていました。檀上で各セクションの先輩が語るのですが、とにかく熱意やプロ意識、仕事に対する誇りが伝わってきて、「ここならやりがいのある仕事ができる」と思えたのです。
フィットネスセクションの新入社員はまず、コーチとしてのユニフォームを着るための社内テクニカルライセンスに合格しなければなりません。夏頃までに取得するのが通常ですが、「どうせやるなら」と私は同期の中で一番に取得することを目指しました。研修担当の先輩やリーダーが空き時間や遅い時間にも練習に付き添ってくれ、誰よりも早く5月中に取得することができました。

ゲストの満足だけではなく、その先の感動や喜びを考える

マシンジムエリアでのご案内やダンススクールレッスンの他に、キッズスクールの統括なども任せてもらっています。空手やアスリートなど多様なキッズ向けのフィットネススクールがありますが、通常のレッスンだけではなく体験教室や短期教室、発表会などさまざまなイベントを実施しています。特に発表会では、「どうすれば子ども達が一番輝けるか」を念頭に、インストラクターとコミュニケーションを取りながら企画を進めていきます。
これまでは先輩や上司の指示や指導をもとに業務を進めていましたが、今は自分からやるべきことを組み立て、発信し、関わるキャスト(従業員)やインストラクターをまとめていかなければなりません。つまずくこともまだまだ多いのですが、野村不動産ライフ&スポーツの理念である「顧客満足を感動と喜びに変える」ことを実現するには、ゲストを満足させるだけでは足りません。その先の感動や喜びが何かを常に考えながら、切磋琢磨しています。

今後は財産となる人財育成にもチャレンジしたい

野村不動産ライフ&スポーツの魅力の一つに、キャスト同士の絆が挙げられます。「失敗してもいいから思いっきりやってみろ」とトライ&エラーから学ぶことを大切にしていますし、誰かが失敗した時には周りがフォローし合う風土があります。仕事の上ではもちろん是々非々をわきまえますが、オフになると先輩後輩関係なく仲良くいられる。そんな間柄がとてもありがたいと思っています。
今後は、人財育成にも携わっていきたいです。私が新人の頃にお世話になった先輩は、まるで自分のことのように一生懸命に教えてくれましたし、だからこそその熱意に応えたいと素直に思えました。後輩にも同じような思いをさせてあげたいですし、野村不動産ライフ&スポーツの財産となる人財を一人でも多く育てていくお手伝いができればと考えています。

フィットネスセクションのワークフロー(一例)

新卒採用ご希望の方

ENTRY MY PAGE

中途採用ご希望の方

ENTRY

アルバイト採用ご希望の方

ENTRY