LET’S SHARE!

夏だけじゃない!秋も紫外線にご用心

夏の紫外線は誰もが気をつけていることと思います。しかし「秋の紫外線」はどうでしょうか? 暑さが和らぎ、気が緩みがちな秋にも紫外線はお肌を狙っているのです。

紫外線とは?

紫外線とは太陽光線の中の一つで、UV-A、UV-B、UV-Cの三種類があります。地球まで届いているものはAとBの二種類となり、それぞれに特徴が異なります。

☆UV-A…皮膚の奥深くまで届き、細胞を傷つけます。しわ・たるみ、日焼けの原因となります。
☆UV-B…皮膚の表面まで届き、皮膚や眼にトラブルを引き起こします。日焼けや皮膚がんの原因となります。



どちらも日焼けの原因となりますので、きっちりと対策をしていきたいですね。

秋の日差しに注意!

夏は真上から太陽の光が降り注ぐため、日焼け止めと合わせて日傘や帽子を用いることで効率的に紫外線を防ぐことができます。しかし、秋になると太陽の位置が真上から斜め上に変わるため、日傘や帽子を使っていても、特に”顔”がカバーしきれていない場合があるのです。 また、UV-Aの蓄積量は夏よりも夏以外の方が多くなっています。夏は終わったからと気が緩みがちになりますが、お肌をしっかりと守れるよう、それぞれの季節に合った紫外線対策を行うことが大切です。

日焼け以外にも…?

紫外線を浴びることは、日焼け以外にも様々な肌トラブルを引き起こします。

☆紫外線の肌トラブル
・紫外線からのダメージで肌の乾燥が加速する
・シミやくすみが増える
・UV-Aによる肌の老化
・ニキビが増える
など…

紫外線を浴びると、浴びていない状態よりもおよそ3倍肌が乾燥しやすくなるという研究結果もあります。美白だけでなく、美肌キープのためにも紫外線に気をつけていきましょう。

紫外線対策は夏と同じでOK?

紫外線について見てきましたが、紫外線対策は夏と一緒で大丈夫なのでしょうか? 秋は夏に比べ乾燥しやすい季節です。日焼け止めを用いる場合は「保湿効果があり」「メイクアイテムとして取り入れやすい」ものがオススメです。夏のメイクで日焼け止めを塗る習慣が付いていると思いますので、そのまま秋も日焼け止めをメイク前に塗るようにしましょう。 ただ、夏は汗による崩れがないかを重視する方が多いかと思いますが、秋は乾燥しやすい季節。保湿成分が入っているものを選ぶと、紫外線対策と保湿が一緒にできて一石二鳥です。また、日傘や帽子は真上に対してではなく、太陽の位置を意識して傾けるとより効果的です。

夏もそろそろ終わり、秋が近づいてきています。次の季節に向けて、紫外線対策を続けていきましょう。 また、屋外でのトレーニングを行っている方は室内に切り替えるのも効果的です。スポーツメガロスでは、空調設備の整った室内で様々なトレーニングをお楽しみ頂けます。 自分で行うフリーのトレーニングから、トレーナーと行うパーソナルトレーニングまで、あなたに合ったトレーニングを行ってみませんか?

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。