LET’S SHARE!

今年こそ太らない!忘年会や新年会の乗り切り方!

運動不足で体重がオーバー気味の頃に、忘年会や新年会のようなカロリー摂取過多のイベントがやってきて一気に太る…毎年、忘年会・新年会を皮切りに年末太りが始まる人も多いでしょう。でも、今年こそ!食べ方や飲み方を調整してこの冬のイベント太りをブロックしましょう。

どうして忘年会や新年会で太るの?

忘年会や新年会は言わずもがな食事や飲酒を中心としたイベントです。盛り上がって飲みすぎてしまったり、長時間だらだらと食べすぎてしまうことも太る一因です。 アルコールを摂取すると肝臓がアルコール分解に集中してしまい、おつまみとして食べたものが直接脂肪として蓄積されてしまいます。そのため、お酒を飲みながらの食事=忘年会や新年会は太りやすくなってしまうのです。 ではこの時期に痩せるのは無理?いえいえ、実はいくつかのポイントを抑えることで飲み会太りを防ぐことができるのです。

食事で気をつけるポイント

食事では飲み会前から気をつけるポイントがあります。まずは昼食の量を減らさないことと、飲み会前に軽食を摂ること。空腹の状態で食べ始めてしまうと、悪酔いしたり食べすぎてしまったりします。また、急激に血糖値が上がるため太りやすくなります。 おすすめは「枝豆」から食べ始めること。食物繊維が豊富なうえ、二日酔いに効く「メチオニン」を含んでいます。また、鞘に入っているので食べるスピードがゆっくりになり、血糖値の上昇もゆるやかです。 メインは魚がおすすめ。焼き鳥ならささみと砂肝、お肉ならヒレがおすすめです。 揚げ物を食べたい場合はお腹が満たされた最後にレモンをたっぷりかけて食べましょう。

お酒は「本格焼酎」がおすすめ

お酒と言えばビール!ですが、ビールはアルコール度数が低いため飲みすぎてしまい、総カロリーが高くなってしまいます。また、糖質を多く含むためビール単体でも太る原因になります。 おすすめは糖質を含まない蒸留酒、特に本格焼酎がおすすめです。本格焼酎は度数が高いため飲みすぎを防ぎます。また、風味がしっかりしているため、お湯割りや水割りでもおいしいのも特徴です。居酒屋のチューハイは甘味料を多く含んでいるため避けましょう。 本格焼酎には血液をサラサラにする効果もあるため、健康面でもメリットのあるお酒です。付き合いでビールを飲む場合は、一杯目はビール、それ以降は焼酎にするといいでしょう。

ポイントをおさらい!

肌のたるみを予防するには、しっかりと肌を保湿すること!化粧水や乳液はもちろん、乾燥しやすい目元や口元はクリームでケアし、ゲル等の保湿力の高い化粧品でしっかりと保水・保湿しましょう。 また、マッサージで肌のたるみを解消するのも効果的です。

◎食事のポイント
①飲み会の前に空腹を満たす
②まずは枝豆から
③糖質の低いものを積極的に食べる
④揚げ物は最後

◎飲み方のポイント
①糖質を含まない蒸留酒(本格焼酎)にする
②お湯割り、水割りにする
③ビールを飲むなら一杯目だけ

以上に気をつけて、太らないように忘年会・新年会シーズンを乗り切りましょう!

寒さによる代謝の低下もたるみの原因となるので、お肌の保湿と合わせて防寒にも気をつけてみましょう。

仮に食べすぎてしまった場合は、48時間の間に食事量を減らしたりして調整すると体重増加を防ぐことができます。また、日頃から運動を心がけることで基礎代謝を上げ、カロリーオーバーを防ぐこともできますよ。 スポーツメガロスではダイエットに効果的なトレーニングメニューを多数ご用意しております。新年から新しいことを始めたい方にもおすすめです。ぜひ見学から、一度お越しください。スタッフ一同お待ちしております!

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。