LET’S SHARE!

6月病って知ってる?

新生活が始まったばかりの環境で大型連休があり、ゴールデンウィーク明けに気分が沈んでしまいがちになる、という状態から通称として使われている「5月病」ですが、実は「6月病」というのも存在します。どのような状態を指すのでしょうか?

6月病とは?

6月病とは、新生活や異動など、自分の周りの環境が変化することによって、新しい環境に適応しようと緊張状態が続いてしまう状態のことを指します。自分自身でも気づかないうちにストレスや疲労を溜め込んでしまい、徐々に体や心に不調が現れてきます。 6月病になりやすい人は、新入社員や学生のほかに、転職・異動・昇進をした人など、環境が大きく変化した人がほとんどです。また、大人だけでなく、子供や主婦にも症状が現れることがあります。 「自分は大丈夫だから」と思っている人ほどストレスや疲労を溜め込みやすい傾向にあるので、注意が必要です。

6月病の症状とは?

6月病は適応障害の1つと考えられていますが、5月病が急性だとすると、6月病は慢性的に続くものとされています。主な症状としては頭痛やめまい、吐き気、不眠、食欲不振などがあげられます。 6月は心身の疲れやストレスに加え、梅雨特有の不安定な気候も影響する時期です。なんとなく体がだるい…などの不調を感じる人など、前述の症状のほかにも様々な症状が現れます。 不調を放置し、さらに悪化してしまうとうつ状態となり、「うつ病」になってしまう可能性もありますので、しんどいだけ、と放っておかないようにしましょう。

6月病になってない?チェックリスト

□朝、起きるのが以前に比べるとつらい
□寝つきが悪い・寝ても寝た気がしない
□寝ても疲れが取れず、体が重だるく感じる
□食欲がない
□肩こりや頭痛、吐き気やめまいを感じる
□下痢や便秘、腹痛がある
□気持ちが沈みやすく、不安や焦りを感じる
□以前よりイライラしやすい
□集中力、注意力、判断力が低下していると感じる
□友人や同僚との約束をドタキャンしてしまう

これらは6月病の兆候です。当てはまる項目があった方は気を付けましょう。

6月病の対処って?

6月病は主にストレスが原因です。ストレスに対して上手な付き合い方をできるようになると、ストレスに対する耐性もついてきます。 ストレスとの付き合い方は、まず最初に「ストレスに気づくこと」です。そしてストレス解消に効果的な方法をいくつか知っておくことも大切です。ストレスの原因がわかっていれば、それを吐き出しましょう。人に聞いてもらってもいいですし、紙に書くのでも構いません。自分の中で溜め込むと余計にストレスが大きくなってしまいます。また、外に出すことによって自分を客観的に見ることもできます。 うまく吐き出せない場合は、趣味に没頭するのもおすすめですよ。

ストレス解消には適度な運動も効果的です。とはいえ梅雨の時期は外で運動できる日は多くありません。 屋内スポーツジムであるスポーツメガロスは、雨の日でも安心してご利用いただけます。心身ともにリラックスさせるヨガや、軽い汗を流せるフィットネスなど、ストレス解消に効果的なプログラムを多数ご用意しております。 ジムが初めての方も、お気軽にお越しください。

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。