LET’S SHARE!

夏に皮脂が増えるのはどうして?原因と対策

暑い時期は化粧が崩れやすく、テカリやオイリー肌傾向になるのが気になります。これって汗のせい?いえいえ、皮脂の量が増えているのが原因なのです。 夏の肌に皮脂が増える原因と、対策をご紹介します。

皮脂が増えるのはなぜ?

夏に皮脂が増えるのは「肌の温度が上がっている」から。皮脂は気温が高くなると、油のように溶け出してしまいます。溶け出した皮脂は蒸発しないので、肌の表面に留まってベタつきやテカリ、化粧崩れを引き起こします。 汗をかく時も皮脂が一緒に出てきてしまいます。汗は蒸発しますが皮脂は留まるため、ベタつきだけが残ります。また、水は蒸発する際に周りの水分を奪ってしまうため、汗が肌のうるおいを奪い、それを補おうとして余計に皮脂が出てきている場合もあります。

皮脂は悪いものではない

皮脂とは皮膚の表面で脂の膜を作り、うるおいを保つ働きがあります。皮脂が少なすぎると乾燥肌の原因となり、粉をふいてしまったり、肌の表面がうろこ状に浮いてきてしまったり…といった肌トラブルを引き起こします。 とはいえ、多すぎても肌トラブルを引き起こしてしまうのが皮脂の厄介なところです。過剰に分泌されてしまった皮脂をそのままにしておくと、紫外線により酸化してしまうのです。酸化した皮脂は刺激となってしまうため、肌荒れの原因にもなります。 多すぎず、少なすぎず、適度な皮脂量を保つことが大切です。

皮脂対策 予防編

(1)やさしく、正しく洗顔する
たっぷりの泡で、肌をごしごし擦らずにやさしく洗顔することを心がけましょう。肌に負担をかけないことで皮脂の過剰分泌が抑えられます。また、皮脂の分泌が多いTゾーンは念入りに。反対に、乾燥しやすい目元・口元は軽く洗うのがポイントです。

(2)スキンケアはしっかりと
夏はエアコンの効いた室内で過ごすことが多いかと思いますが、冷房は乾燥肌の原因のひとつ。乾燥による皮脂の過剰分泌を防ぐためには、日中の保湿ケアが効果的です。ミスト化粧水を吹きかけるだけでも違いますので、ぜひお試しください。

皮脂対策 対処編

予防しても皮脂が出てきてしまう!テカってしまう!という場合は、タオルやハンカチでごしごし皮脂を削りとるように拭き取るのはNG。ガーゼハンカチや、肌に優しい素材のふんわりしたタオルで押さえるように、まず「汗」を拭き取ります。
そのあと、Tゾーンを中心にあぶらとり紙で皮脂を拭き取ります。
注意するのは「絶対に肌をこすらない」ことです。肌をこすると刺激になり、肌トラブルの原因となります。やさしく、丁寧にケアしてあげましょう。

ミスト化粧水で保湿したあとはハンドプレスで押さえ、ティッシュオフしてあげることでより効果が期待できます。 また、運動で汗を流すことで新陳代謝を促し、お肌の状態を整える効果が期待できます。スポーツメガロスでは、全館空調を整備した快適な環境でトレーニングに取り組んで頂けます。夏は動く気になれないという方、運動でベタベタ汗ではなくさらっとした気持ちいい汗を書きませんか?

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。