野村不動産ライフ&スポーツ株式会社採用情報

野村不動産ライフ&スポーツ

社員紹介

キャストの働きぶりを見て、入社を決意した

大学で栄養学を学び、管理栄養士の資格を取得しました。その知識を生かして健康や体力づくりのために運動されている方々をサポートするような仕事に就きたいと思い、スポーツクラブへの就職を考えました。その中で、野村不動産ライフ&スポーツ(株)への入社を決めたのは、どんな施設なのか自分の目で見ておこうと思い、メガロスの店舗に見学に行ったのがキッカケです。 慣れない場所なので少し緊張していたのですが、館内に入ると、フロントのキャスト(従業員)の方が満面の笑顔で「こんにちは」と挨拶してくれました。しかも、私がおどおどしているのを察したのか、「何かお困りですか」と声をかけてくれたんです。その気持ちのこもった対応がとても心地よくて、こういうスポーツクラブなら会員になって通ってみたくなるだろうなと思いました。その一方で、自分もキャストの一人として働いてみたいと強く思ったんです。

販売会やセールの企画・運営も行う

入社後は約2週間の研修を経て、今の店舗のサービスセクションに配属になりました。最初は戸惑いもありましたが、上司や先輩が細かく手順を教えてくれたり、お手本を示してくれたので、スムーズに仕事を覚えることができました。 サービスセクションの仕事はかなり幅広いのですが、メインはフロント業務です。ゲスト(お客様)がご来店されたときにチェックイン、お帰りになるときにチェックアウトの手続きをするほか、いろいろなお問い合わせに対応したり、館内を案内したりします。また、入会を希望されるお客様の対応も重要な仕事のひとつです。どんな施設や設備があるのかご案内したうえで、料金や利用時間などのシステムをご説明し、入会が決まったらその手続きを行います。 さらに私は商品販売のメイン担当でもあります。メガロスでは、ロビーの一角でスポーツウェアやシューズ、水着、プロテイン、サプリメントなどの販売も行っているのですが、それらの売上げ目標を立て、その達成に向けてさまざまな施策を打ちます。ゲストの目に付くようディスプレイを工夫したり、各メーカーの担当者とともに販売会やセールの企画を考えて実施したりします。

ゲストに笑顔を褒められると本当にうれしい

ゲストがメガロスに通われる理由はさまざまです。「健康になりたい」という方もいれば「運動してやせたい」という方もいます。私たちキャストの役割は、その願いを1日でも早く叶えられるよう、お手伝いすることです。もちろん、サービスキャストは直接運動のご案内をするわけではありません。しかし、悩み事の相談に乗ったり、「一緒に頑張りましょう」などと励ますことはできます。また、私の場合は、管理栄養士という立場から、プロテインやサプリメントの摂取方法などをアドバイスすることもできます。いずれにしても、それぞれのゲストがどんな目的でメガロスを利用されているのかをきちんと把握し、それを踏まえて接することが重要なんです。 もう一つ、私は、快適な時間を過ごしていただくということをいつも心掛けています。そのため、どんなときでも明るく笑顔で接するようにしていますし、何気ない会話も大事にしています。また、お問い合わせやご相談には、できるだけ迅速に対処するようにしています。最近、フロントに立っていると、ゲストの方々から「頑張ってね」「笑顔が素敵ね」などと、よく声をかけられます。そんなときは、私の思いが伝わったような気がして本当にうれしいですね。

結婚・出産後も長く働き続けたい

今はまだ目の前の仕事を覚えるので精一杯ですが、将来的にはやはりリーダーやマネージャーとして頑張ってみたいですね。幸い、この会社には年齢や性別に関わらず、やる気と実力があれば、責任ある仕事を任せてくれるという風土があります。だから、おのずと頑張ろうという気持ちになれるんです。 先日、上司のひとりが産休から復帰しました。育児サポート制度が整っているため、結婚、出産後も働き続けることができる環境があります。私も長く働いていきたいと考えています。

サービスセクションのワークフロー(一例)

新卒採用ご希望の方

ENTRY MY PAGE

中途採用ご希望の方

ENTRY

アルバイト採用ご希望の方

ENTRY