総合スポーツクラブメガロス OfficialBlog-カラダに効くトピックス-

納豆が一番効くのは夜。「夜納豆」で血液サラサラ!

朝ごはんの定番と言えば納豆ですが、実は夜に食べることで血液をサラサラにしてくれたり、疲労回復の手助けをしてくれたりと効果をより発揮してくれます。

unnamed

納豆が身体に良い事は皆さん既にご存じだと思いますが、どのタイミングで食べるのが一番いいかは意外にも知らない方がたくさんいます。実は納豆は、夜に食べると一番身体にいい効果を発揮してくれます。

寝てる間に効く!優秀な成分ナットウキナーゼ

納豆にはナットウキナーゼという成分が含まれています。これは血液をサラサラにしてくれる優秀な成分ですが、食べてからすぐに効果がある訳ではなく、10~12時間働き続けてくれます。夜寝ている間は、水分を一切取らないので血液がドロドロになりやすい時間帯です。夜の7時~8時までに納豆を食べれば朝まで血液がドロドロになることなく、血栓が一番出来やすい時間帯のリスクを減らす事が可能となります。

朝、スッキリ目覚めてる?

朝目覚めたとき、何だかスッキリしないのは身体の疲れが取れていなかったり、血液がドロドロになってむくみが出ていることが関係しています。しかし夜ご飯に納豆を食べると、血液の流れがよくなりむくみが解消されたり、納豆に含まれる抗酸化作用で毒素を身体の外に排出してくれたり、と疲労回復に役立ってくれます。朝の目覚めが何だかスッキリしない…と思う日が続いたら、夜納豆を食べて元気な身体作りをしましょう!

お肌のゴールデンタイムには納豆の栄養素がピッタリ

お肌のダメージを修復をし、コンディションを整えようと睡眠時間中に成長ホルモンが分泌されます。納豆はその時に必要な栄養素の一つであるビタミンB群をたくさん含んでいるため、新陳代謝を高め、皮膚の修復を高めてくれるとされています。さらに大豆に豊富に含まれているイソフラボンは、肌が昼間受けたダメージを分解し、蓄積されない効果もあります。このように納豆を夜摂取すれば、より効果的に美肌へと導いてくれますよ!

風邪予防にも夜納豆が効く!

納豆は、風邪予防にも効果があるとご存知ですか?これは納豆に含まれるジピコリン酸という抗菌殺菌作用を持つ成分が関係しています。睡眠中は唾液の分布量が減り、口の中でウィルスが繁殖しやすく風邪を引くリスクが高い時間帯でもあります。しかし、夜ご飯に納豆を食べていれば、ウィルスが繁殖しないようにジコピン酸が働いてくれるので、健康維持にも効果的だと言われています。

実は夜に納豆を食べた方が効果的だという事はお分かりいただけたかと思います。しかし、納豆だけで健康が維持されるわけではありません。適度な運動も併せて必要となります。スポーツクラブメガロスでは、健康維持にも効果がある運動プログラムもご用意しております。是非お気軽にご相談ください。

<関連するプログラム>

GRID(グリッド)
GRIDを使用して、硬化や癒着している筋膜に直接アプローチするプログラム。
アクアファンバイク
上半身はアクアビクスを行いながら、水中ではバイクを漕ぎ続けるプログラム。
美曲線ヨーガ
ウェーブストレッチリング(R)を使用し、ヨーガのポーズを行いながらほぐす、伸ばす、引き締める、の要素を体感します。

お近くの
フィットネスを探す