LET’S SHARE!

3月は要注意? 季節の変わり目に気をつけたいスキンケアのコト

冬から春への季節の変わり目である3月は、ようやく乾燥を気にしなくてもいい時期。…ではありません! 3月は肌トラブルが起きやすく、非常に敏感な時期でもあるのです。肌トラブルを予防するためのスキンケアをご紹介します。

3月に肌トラブルが起きやすいのはどうして?

(1)紫外線
紫外線は夏だけでなく1年中降り注いでおり、3月頃から強くなり始めます。紫外線を浴びるとお肌がダメージを受け、シワなど、老化の原因となります。また、肌のバリア機能も低下してしまい、肌トラブルが起きやすくなるので、日焼け対策をしましょう。

(2)ストレス
3月は就職や進学など、環境が大きく変化することが多い季節です。知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまい、お肌のトラブルを引き起こしてしまいます。

(3)気温の変化
3月は昼間は温かく、夜は寒く、寒暖差の激しい時期です。お肌が温度の変化についていけず、皮脂のバランスが崩れてしまうことがあります。

花粉症も肌トラブルの原因になる?

3月頃になると出てくるのが花粉症。スギやヒノキなどの花粉によるアレルギー症状で、くしゃみや鼻水などが出てきます。 花粉が服につくことは知られていますが、実はお肌にも付着してしまうのです。肌に花粉がつくと、そこから痒くなったり、かさつき、赤くなるなどの肌トラブルが生じることがあります。 3月は温かいと言っても冬と同じくらい空気が乾燥しているので、お肌のバリア機能が低下しています。そこに花粉がつくと様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

3月に気をつけるべきスキンケアのポイント

いつも使っているスキンケア用品で肌トラブルが起きてしまっている場合は、スキンケア用品の見直し時かもしれません。 3月のお肌は特に敏感なので、クレンジングの刺激でも荒れてしまうことがあります。よく落ちるクレンジングには界面活性剤が多く含まれており、それが刺激となってしまいます。クリームクレンジングは界面活性剤が少なく、お肌の刺激も少ないのでオススメです。 また、洗顔もお肌に刺激の少ない、天然素材の固形石けんを選びましょう。ごしごしと擦らずに、泡で優しく撫でるように洗うのもポイントです。 家に帰ったら肌の花粉を落とすようにクレンジングと洗顔を習慣づけるのも大切です。

日焼け止めの選び方

まだ早いと感じるかもしれませんが、3月は日焼け止めを使うことをオススメします。お肌のダメージを防ぐため、より効果的な日焼け止めを選びましょう。

■日常生活…SPF10~20、PA+~++
■屋外での軽い運動…SPF20~30、PA++~+++
■炎天下での運動…SPF30~50+、PA++~++++
■紫外線の強い場所での活動(肌の弱い方の場合)…SPF40~50、PA++++

日焼け止めの強さはシーン別で異なるため、自分に合ったものを選びましょう。また、日焼け止めは汗で流れてしまうので、数時間ごとに塗り直すのがオススメです。

季節の変わり目はいつも以上にお肌を大切にして、きれいなお肌を保ちましょう。 また、運動不足もお肌のターンオーバーを妨げ、肌トラブルを起こす原因となります。スポーツメガロスでは、軽いトレーニングから部位別のボディメイク、グループレッスンなど、続けやすいプログラムを多数ご用意しております。運動が苦手な方でも始められますよ。一緒に体を動かしましょう!

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。