LET’S SHARE!

身体を温めてくれる生姜は生?それとも加熱したもの?

161201

寒い冬の時期は、温活として身体を温める食事で寒さ対策をしている人もたくさんいます。特に生姜は身体を温める食材として広く知られていますが、それ以外にも体に嬉しい作用があるのをご存知ですか?

生姜は温活に効果がある?

生姜は身体を温める食材として知られていますが、これは生姜に含まれるショウガオールという成分が作用しているためです。ショウガオールは消化器官を刺激して、血流の流れを高めてくれるので体内で熱を作り出してくれます。 しかし一方で生姜にはジンゲオールという解熱・解毒作用がある成分も含んでいます。つまり身体を冷やす効果もあるのです。

生姜は生・加熱で効果が変わる!

実は生姜には「加熱をすると成分が変わる」特徴があり、生の時に含まれているジンゲオールは熱を通すとショウガオールに変わり、身体を温めてくれるようになります。逆に加熱をせず生のまま摂取するとジンゲオールの解熱・殺菌作用・免疫細胞活性化作用により、風邪や免疫力アップに効果的だと言われています。
生姜は普段の食生活にも取り入れやすいため、生と加熱それぞれの効能や効果を知っておくと体質改善や健康にも役立ちそうですね。

生の生姜を使う場合の効果

生の生姜はジンゲオールの解熱効果により、身体の深部を冷やします。生姜を食べた瞬間は身体が熱くなりますが、その後は時間をかけて身体が冷えていくので、夏の暑い時期の火照った身体には効果的だと言われています。その他にも強い殺菌効果を持っているので、風邪で熱が出た時・喉の炎症時には殺菌効果でウィルスを外に出し、熱を下げたり痛みを軽減してくれます。風邪を引いた時に生姜を摂るとよいと言われているのはこのためです。

加熱した生姜を使う場合の効果

一般的な冷え性対策には、加熱した生姜が効果的です。加熱した生姜には、身体を温める他にも新陳代謝を高める効果があり、新陳代謝が高くなれば脂肪燃焼を助け、痩せやすい身体になったり基礎体温が高くなり風邪を引きにくくなります。このように、普段から加熱した生姜を摂取するのは温活の他にも、様々な効果が期待できそうです。

一つの食材を見ても、食べ方一つで身体への効果は大きく違ってきます。身体にいいからと何でもたくさん摂取するのではなく、まずは「どんな効果を得たいのか」を見極めてから食材の調理方法を選ぶ事がポイントだと言えます。
スポーツメガロスでは身体を芯から温める運動メニューを多く取り揃えています。気になるメニューがあれば、気軽にお問合せください。

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。