LET’S SHARE!

捨てがちなかぼちゃの種がすごい!パンプキンシードを美味しく食べる方法

かぼちゃの種から出来る「パンプキンシード」は、スーパーフードとしてホルモンバランスの乱れを整える効果や美肌、ダイエットやむくみ解消など主に女性が持つ悩みを解決してくれると言われています。

いつも捨ててしまうかぼちゃの種が凄い!

かぼちゃが好きな方でも、種まで食べる方はほとんどいませんよね。しかし、かぼちゃの種には女性に嬉しい高い栄養素が多く含まれています。例えばポリフェノールの一種であるリグナンは、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。ストレスや乱れた食生活によって起きる女性特有の月経トラブルや、加齢によって女性ホルモンの分泌量が少なくなった時に起きる骨粗しょう症の予防、そして美肌効果も期待できるのです。
さらに注目したいのは、マグネシウム・鉄分・カリウム・亜鉛などのミネラルです。ミネラルには消化から栄養吸収までを助け、便秘やむくみ解消やダイエット効果、さらには疲労回復効果も期待できます。

レシピ

(1)パンプキンシードの作り方

かぼちゃの種は生では食べれないので、まずは基本のパンプキンシードの作り方を覚えておきましょう。

(1)かぼちゃから種を取り出し、水洗いをしてよく乾燥(約1日ほど)させます。
(2)殻ごと食べられますが、気になる方はここでキッチンバサミなどを使って、殻を取って中身を取り出します。
(3)アルミを敷いたトースターに種を並べ、5分加熱をします。
(4)塩を振り掛けて完成です。

殻ごと食べてもナッツのような食感になりますが、気になる方は殻を取って食べてください。殻を取るときは清潔な爪切りを使うと簡単に実を取り出せます。このまま食べても香ばしいおやつやおつまみになり、美味しく食べていただけます。

(2)パンプキンシードのカラメル焼

子供のおやつにもピッタリな甘いカラメル焼の作り方を紹介します。

(1)フライパンにきび砂糖を50gと水大さじ1杯を入れて、カラメル色になるまで加熱します。
(2)かぼちゃ1個から取り出したパンプキンシードを鍋の中に入れてさらに過熱します。
(3)全体が絡まったらクッキングシートの上に並べ、塩を振って完成です。

甘くて香ばしいカラメルとパンプキンシードは相性ピッタリです。冷めると少し硬くなるので、歯が弱い方は殻を取ったパンプキンシードを使うのをおすすめします。

(3)パンプキンシードトースト

簡単で、朝食にもピッタリなトーストの作り方を紹介します。

(1)食パンにチーズをのせて、パンプキンシードを加えます。
(2)塩・コショウをしてトースターで5分ほど加熱します。
(3)最後に好みでハチミツを加えて完成です。

パンプキンシードは乳製品と一緒に食べることでカルシウムも補え、大人の方は骨粗しょう症の予防、小さなお子様は強い骨を作る手助けをしてくれます。また、ハチミツに含まれる整腸作用によって、便秘解消の相乗効果が期待出来ます。

いつもは捨ててしまうかぼちゃの種も、少し手間を加えれば美味しく食べられる上に体にいい効果を与えてくれるので、捨てずにおやつやトッピングなどに使うようにするのをおすすめします。
スポーツメガロスでは女性特有のボディラインを作る手助けや、月経トラブルの解消に期待できるプログラムを取り揃えております。気になる方はぜひお問合せください。

LET’S SHARE!

RECOMMEND

おすすめの記事

TOPへ

健康、ダイエット、美容などの
話題のお役立ち情報をお届けする、
総合スポーツクラブ「メガロス」の公式コンテンツです。
強く美しい自分になりたい、
毎日を少し良くしたい、
充実した生活を送りたい、
そんなあなたのキレイと健康をお手伝いします。